どうも、こんにちは。研修医のSSです。(2回目です)

どうも、こんにちは。研修医のSSです。
今回は指導医の先生方が行って下さる和歌山の総合診療ドクターG(NHKが不定期でやっている医療系クイズバラエティ番組)みたいなやつをご紹介できたらと思っています。

ドクターGといっても正確には病棟で持たせて頂いている患者さんの症例検討会なのですが、実際の患者さんが持つ疾患だけでなく、他にどういう疾患の可能性があったのか「鑑別診断」をあげたり、OPQRSTなどに代表される「問診の取り方」は適切だったかを検討したり。
あやふやな知識を整理して診断能力を向上させる絶好のチャンスで、研修医が指導医を二人占めできるとても贅沢な時間だと思います。(現在、和歌山生協病院では自分を入れて二人の一年目研修医しかいないので「二人占め」です^^)
うちの病院は上記のように研修医の数が少ないので指導医からの質問がすぐ自分に回ってきます。最初「こんなんゆったり寛げないじゃないか!」と泣きそうになりましたが、指導医の先生方が大切にしているのが『No blame(相手を非
難しない)』の精神なので、質問に対して訳の分からん回答をしても「ん?(にっこり)」で終わるのでノーダメです。(こいつ分かってないなとは思われそうですが笑)
和歌山生協病院の研修は、研修医の数が少ないからこそ細やかに指導して頂ける環境がありますし、No blameを大切にする優しい先生方が沢山おられます。どうでしょう、興味を
もって頂けた医学生がおられたら是非見学に来てくださいね^^

和歌山あるある その2
グリーンソフト

和歌山ではグリーンソフトというアイスが至る所で販売されています。コンビニやスーパーは勿論のこと、フードコートにはグリーンソフト専用のコーナーがあったりもします。「さすがにこれは、どこにでもありすぎやろ笑」と思って和歌山県人のソウルフードをこの前、遂に購入しました!どの辺りがグリーンなのかと思いきや抹茶ソフトクリームだったので『グリーンとは抹茶を意味する単語』でした。なるほど、そういうことか(そのままですね)
甘すぎず、固めのソフトクリームは食べ応えもあり、一回で僕も大ファンになりました。今では2日に1回は食べているくらい好きです…が、糖尿病には気を付けたいと思います^^